女子の悩みに応える|妊娠を望んでいるのなら不妊治療について知っておこう

妊娠を望んでいるのなら不妊治療について知っておこう

女子の悩みに応える

妊婦

親子で来院

女性らしい身体付きに成長・成熟するために、周期的に月経があります。痛みや不調を遠ざける市販薬は癖になるため、正しい量や飲み方を10代に指導する婦人科の役割は評価されています。大阪には思春期外来も設けられ、親子での来院数も増加しています。漢方薬やホルモン剤など、婦人科では痛みを緩和する療法も提案してくれます。また10代でも他の病気が潜んでいる可能性は一昔前と比べ、増加傾向にあります。毎月のリズムの変化が激しく、子宮内膜症や子宮筋腫などは20代・30代でも多い女性特有の病気です。身体も心も大きく変化する10代での検診・検査は、早期発見・治療を格段に高めることに繋がっています。大阪の婦人科では、思春期に見受けられる月経痛やPMSに携わるだけではなく、その先の病的変化にまで携わってくれるため、親子で検診などを受けるケースが増えています。

スポーツ女子への携わり

女性もアクティブに活動していて、大阪でも数多くのスポーツ選手が活躍しています。男性とは異なる身体付きである女性の場合、生殖機能への影響が婦人科を中心に話題です。新体操や陸上など、大阪でも女性アスリートの存在が注目されていますが、ストイックなまでの自己管理に難色が示されているのも実情です。痩身の維持のための栄養の摂り方によっては、無月経となる月のリズムの崩れが挙げられています。婦人科では、こうしたスポーツ女子向けにも様々な療法を提案してくれます。無月経からの回復には、例えば、ドーピングにならないピルの処方も行ってくれます。また女性にとって婦人科を利用する動機には、月経時の不快感も挙げられています。特にスポーツが盛んな大阪でも、月経による身体の不調が問題視されていますが、月経の時期をズラすことも専門医療を展開する婦人科で応えてくれます。