妊娠したら気をつけること|妊娠を望んでいるのなら不妊治療について知っておこう

妊娠を望んでいるのなら不妊治療について知っておこう

妊娠したら気をつけること

先生

栄養のあるものを食べる

女性にとってもっとも体の変化が表れるのが妊娠、出産です。妊娠すればつわりに苦しめられたり、体重の管理、貧血、便秘など今までとは違う変化を乗り越えなければなりません。その症状は人それぞれですが、お腹の中で新たな命を育てることへの責任は変わりません。ひと昔は、妊娠すれば2人分の栄養を取らなきゃいけないと周りからもどんどん食べるように進められていましたが、現在では、たくさんの食品があり、また食品自体の栄養も高まっているので、2人分の食事を取る必要はありません。お腹の子どものことを思って、健康的な食事が良いでしょう。妊娠中に貧血になったという方はほうれん草で鉄分を補給したり、妊娠中に便秘に悩まされたら野菜を多く食べるなど、工夫して食事を取ると良いでしょう。

出産は命がけ

妊娠中にたくさん食べて、体重が大幅に増えるということはあります。その時は産婦人科の先生から指導を受けることがあります。妊娠中には理想の体重の増え方があります。食べ過ぎによって思った以上に体重が増加すると、お腹の赤ちゃんもたくさん栄養をもらって大きくなり、良いことだと思うかもしれませんが、出産のときは大変です。自然分娩で出産するなら、あまりに育ちすぎた赤ちゃんのお産は時間がかかってしまい、お母さんの体力が消耗したり、大量出血し輸血が必要になる場合もあります。妊娠中の体重管理は、お母さんと赤ちゃんが無事にお産を終えるために大切なことです。妊娠がわかったら、喜びついでに食べ過ぎないようにしっかり食事に気をつけましょう。